HOME>イチオシ情報>キッズシューズを買う前に気を付けておくべきこと

キッズシューズを買う前に気を付けておくべきこと

靴

滑りにくくなっているかも重要

「キッズシューズ」を購入する際、デザイン性のみで選んでしまう方も多いようですが、やはり靴は安全に履けるかどうかで選ぶ事をおすすめします。履きにくいシューズや機能性に問題があるシューズの場合、転倒などの事故を招く事もあるので注意が必要です。小さいお子さんが履くキッズシューズを選ぶ場合、靴底が「滑り難い構造になっているか」を注意して選んでみましょう。滑り難くなっているキッズシューズであれば転倒のリスクも抑えられ、またグリップ力にも優れているので安心して履く事が出来ます。特に運動量が増え始める2歳から3歳という年齢になったら、キッズシューズの靴底が滑り難く作られているかチェックする事がおすすめです。

家族

歩いているときに脱げやすくないかという点にも注目

「子供はすぐに成長するから」という理由で、実際のサイズよりもかなり大き目のシューズを購入してしまいがちです。ただ、歩いている時にパカパカ脱げてしまうシューズは履きにくさを感じるだけでなく、歩く際の負担にもなってしまいます。成長期のお子さんに履かせるキッズシューズは、歩いている時に脱げにくいかどうかというポイントを抑えて、選んであげるのが良いでしょう。脱げにくいキッズシューズであれば歩きやすいだけでなく、歩きもスムーズになって転倒などのリスクも抑えられます。しかし脱げにくさだけを考慮してきつめのシューズにしてしまうと、今度は足の成長の妨げになってしまうので注意が必要です。少し爪先に余裕があるくらいのサイズにする事で、履きやすさと足の成長の妨げ、両方をクリアしたキッズシューズが選べます。